極度の不安感、動悸、落ち着かない等の症状は消えてきました(たぶん)
しかし昨日、飲んでないのに午後9時~11時ぐらいまでは極度の解離症状は感じなかった
あれはなんだったのだろうか・・・

その時以外はほんとに酷い症状だ、マジであれだけ苦しいとは
仕事していた時の逃げ出す数日前の時より苦しかった
特に寝ようとすると、不安が全身にぶわっと、覆いかぶさってくる
あの状態がずっと続くなら確実に死んだ方がましだと言える

それと時間の経過がマジでおかしくなって分からなくなってる
症状としてわかりやすいのは、ラブライブの映画を見た日が全く分からなくなってた
一体いつ、みて、そこから何日経ったか見当もつかなかった
この日記を読み返して初めて、まだ二日しか経ってないことがわかりました
全く自分の事のように感じない、離人症。
だから時間の経過がバグっていたのかもしれない

考えたのだが、この薬を辞めるというのは人によっては必ずしも良い選択ではないのかもしれない
薬に頼って生きていく方が楽なような気がする、アルコールやたばこも、そうなんだろう、
薬が欲しすぎて、働く気になるかもしれない、そうなれば、人間として生きていると言っていいんじゃないか
そうなれば薬を手に入れるために働くという、人生の目標も獲得できるじゃないか
わざわざ断薬する理由が無いような気がする

断薬して、自殺してしまうか、薬に頼って生きるか、 どっちがいいでしょうか?
そんなの決まってますよね? ほとんどの人は自殺を悪だと思ってるからなあ

とりあえずこれからは、我慢の限界のちょっと手前になったら飲むようにしようと思う
このまま断薬を続けてもいいことはなさそうだからな

実際薬を飲めば
飲んでない時期はとても書くことのできなかったような
こんな長文を書くこともできる
薬は偉大だよ




スポンサーサイト
独り言 | トラックバック(0)

スポンサードリンク