帝一の國  最後まで見た

2016/12/18 Sun 02:49

main.jpg
読み終えた感想を最初に書くが
とにかくすごく面白くて楽しく読める漫画だった

帝一の國を初めて読んだのはジャンプSQ.19でした
僕はその頃ジャンプスクエアを毎月購読していたので
その増刊号のジャンプSQ.19は創刊号から買って読んでました
当時もこの漫画はかなり好きで毎号楽しく読んでいた
その頃はまだ高校生でした、けど月日が経ち働くようになりいろいろと忙しくなり
漫画雑誌の購読とかをすべて止め、帝一の國も自然と読まなくなった

そして久しぶりに調べてみると完結しているのを知って
結末を知りたいと思い、読むことにしました

やはり面白い
最初からすぐ物語に引き込まれる
この先どうなるんだろうとワクワクさせてくれる
キャラクター達も魅力的だし作者の才能がビンビン伝わってくる
「シリアスな笑い」がまたすごくいい
くどいぐらい「シリアスな笑い」と感じる場面が大量に出てくるが
その多さがだんだん癖になってくる、ほんと退屈しない漫画

最後までどうなるか予想すらできないぐらいの展開の連続
特に帝一が2年になってからはハチャメチャすぎる。いい意味で。
帝一が1年の頃のそこそこまともでまともじゃない感じが消え
登場人物、内容、すべてがまともじゃないのはビビった、マジかと思った
けどそのハチャメチャをうまく料理して最後はすごくキレイに終わった

最後の展開とか普通に感動したし
オチもかなり良かった

これは名作
断言。


ホモホモしいところは人を選ぶが
読んで損はない漫画なのは断言できる。








スポンサーサイト
アニメ-漫画 | コメント(0)

スポンサードリンク

コメント

管理者のみに表示