PCを買い替えて一か月
Windows7から10に変わり、最初は戸惑っていたが
現在は慣れた、便利になった部分もあるし
これはダメだという部分もある

今回はYouTubeの1080P 60fpsの動画の事で報告する

この記事でも書いているが現在のウェブブラウザはOperaを使用している
YouTubeを見る際1080P 60fpsの動画だとカクカクと途中で動画が止まったりして
まともに再生できない現象が出ていた
だがブラウザをedgeに変えるとスムーズに再生される

前に少し調べてみたが原因が分からずに断念したが
今さっき原因が分かった
それは「WebM(VP9)」を停止することで解決した

vvppqq.jpg
これがデフォルトでのyoutubeの詳細統計情報
vp9となっている、edgeではデフォルトでavc(h264)だった
なのでedgeではサクサク再生できていたというわけだ
firefoxでも今確認したらavcで再生されていた

早速OperaでWebMを無効にすることにした
無効にするには「h264ify」という拡張機能が使える
Opera用のh264ifyがないので
まずは「Download Chrome Extension」インストールした
これはchrome用の拡張機能がOperaで使えるようにする物だ
これを導入したら後はchrome版のh264ifyをインストールすればOK
h264ifyのインストールが完了すれば
Download Chrome Extensionはアンインストールしても問題ない

後はyotubeで動画を再生し
avcccccds.jpg
このようになっていたらOKです

実際に再生してみると、60fpsの動画なのでヌルヌル再生されます
カクカクすることもなくなりました。
スポンサーサイト
PC・スマホ

スポンサードリンク