低スペックPCを持っている人、ならではの実験
単純に同じ動画を再生してみて
一番フレームレートが安定していたブラウザが一位とします

使用した動画は

これです
1080P、60fpsで再生しました

とりあえず
実験したブラウザは↓です
「IE、edge、chrome、OPERA、firefox」
ちなみにchromeだけは設定等一切いじってません

まずは
5位「Chrome」
kuromunama.jpg
インストールしてから一切設定を変えていない状態
赤〇で囲っているところを見てください
右側が総フレーム数、左がフレーム落ちしてしまった数だと思います
実際まともに見れないレベルです、完全に途切れ、途切れになりました
ハードウェアデコーダーが対応していないVP9なので仕方ないですね
しかしデフォルトがVP9ってちょっと不親切だね
低スペックPC買っちゃったPC初心者はこれ対処できないでしょ
kurome.jpg
ちなみに↑の画像もchrome、これは強制的にh264で再生させる設定をしている
これなら数フレームは落ちているが快適でした

4位「Firefox」
firefoc.jpg
これはh264で再生しているのでフレーム落ちはそこまでしていない
十分に視聴できるレベルです

3位「OPERA」
opera.jpg
これも強制的にh264にしているので十分見れるレベルです

1位「IE、Edge」
IEEEEEEEEEEE.jpg
これがIE
erltuzi.jpg
こちらがEdge
驚きだ、Edgeは軽いと聞いていたがIEまでもが
一切フレーム落ちをしていない・・・

さあ再度実験だ
1位のEdgeとIE、3位のOPERAで
今度は負荷をかけて再生してみた
負荷といっても動画を再生しながら
全画面表示→全画面表示終了を繰り返すだけ

さてどうなったか・・・
oouutyhg.jpg
3位はOPERAでした
かなりフレーム落としてます
qziziiz.jpg
2位はEdgeでした
全然許容範囲、Edge、動画再生に強いですねえ
IEEEds.jpg
さして一位はIE!
すごい!、一切フレームを落としませんでした
マジかよ・・・

まったく同じ環境で同じ事をしてたのに
ブラウザが違うだけでこれだけ違うんですねえ・・・

まあWindows10の低スペックPCで動画を快適に見るならば
「Edge」で決まりですね
断言。


あと中途半端な豆知識を・・・
画像の「DASH:yse」の部分ついて
左側の数字はどの解像度、コーデックで
動画が再生されているかという項目らしい
なので唯一のVP9で再生した
chromeは「303」となっている
他のブラウザはすべて「h264」なので
すべて「299」となっている

そして謎なのが右側の数字
これは音声の項目らしいんだが
「251」と「140」が混在している
これはなぜなんだろう
確か高解像度の動画は音声と動画は別々になってるんだっけ?
それでもなんで同じ画質に設定し
動画のコーデックも同じ、けど音声は二通りある・・・
マジ分かんねえ
謎だ。






スポンサーサイト
PC・スマホ | コメント(0)

スポンサードリンク

コメント

管理者のみに表示