映画 聲の形 見た

2017/05/24 Wed 04:00

聲の形・・・
内容を全く知らないと言えば嘘になる

この作品に初めて出会ったのは今から約6年前
俺は当時別冊少年マガジンという雑誌を
創刊号から買って読んでいた
あの進撃の巨人もこの雑誌だ

その雑誌で2011年2月号に掲載された「オリジナル版」と
言われている作品しか私は知らない
その状態で映画を見た

さすが京アニ、作画はもはや、芸術の域
ストーリーは、賛否両論ありそうだが
俺は良かったと思った
ハッピーエンドで終わったような感じもするが
ここまでの道のりがヤバすぎて
心から「ハッピーエンドだ」と思えないところも俺は好き
これからどうなるのか気になるところだけど
絶対に続編は書かないでほしい
そんな終わり方だった

ストーリーの内容は
障碍者+いじめって感じだったわけだけど
障碍者にいじめは付き物ってことなのかな・・・
そういえば俺も小学生の時、補聴器をつけている子いたな
上の学年の人だったので関わったことはなかったかな
まあ当時の記憶ほとんどねえから断言できねえけど

脱線したのを戻すが
俺の中で・・・
素晴らしいアニメだったのは間違いないんだけど
もう一回見たいか?
と聞かれたら
あまり見たくないかも・・・
この映画見るの疲れるし辛いシーン多い
ほんとこの映画は言葉で言い表せない映画だわ


それと、西宮 結絃・・・
完全にショタッ子だと思ってたのに
女の子だったとはな、まあ結果オーライ
目覚めてしまったのかと・・・思ったよ
あと声優が悠木碧だと、エンディング見るまで気づかなかった
この映画の演技も良かったわ・・・
この人、ほんとすげーよ
一番実力がある声優は?
と聞かれたら迷わず悠木碧だと断言できるわ
声優の頂点極めてるよね


スポンサーサイト
アニメ-漫画 | コメント(0)

スポンサードリンク

コメント

管理者のみに表示