自分が住んでいる家は築7年
今までトイレにトラブル等はなかった
dfdsd.jpg
トイレはこのタイプ、タンク真上の手洗い菅から水が出るタイプだ
今回のトラブルはこの手洗い菅から、水を流した時に
かなりの勢いで出るようになってしまったのだ
水の勢い以外は全く異常はなく
タンクに水が所定の位置まで溜まれば水は止まる

この現象が出る一か月ぐらい前から
トイレから異音がしていたのは知ってた
その異音はトイレを流し、タンクに水が溜まり
水道管から給水が終わった瞬間に
普通なら「ガッン」って感じで水が止まってたのが
「ガッガガンッ」というあまり耳にしない音がしていた

その音がするようになって一か月後ぐらいに
手洗い菅からの水の勢いが急に強くなったのだ
トイレ自体は何もいじってはいない
勝手に勢いが強くなったという事は確実だ
それと「ガッガガコンッ」という異音は
水の勢いが強くなったと同時期にしなくなり
いつも通りの音に変わっていた

初めてこのトラブルに出くわしたときは
ほんとびっくりした、だって勢いがヤバいんだもん
普通、タンクの上の水って
「ちょろちょろ」って出るじゃん
それが「ジャー」ってなるんだぞ
あとこのまま止まらなかったらどうしよう・・・とか
まあ幸い、水の勢い以外には問題なさそうだし
勢いで水がそこら中に飛び散るとかもなかったから
そのままでも使えないことはないんだがね

だがやはり気になる
この症状が出始めて2日後にTOTOに連絡をした
症状を説明すると、トイレのコンセントを外してくださいと言われた
で、数十秒経ったらまたコンセントを刺してくださいと・・・
これで直らなければ修理ですと・・・

ふむ、まあやってみたよ
まあ結果は全く変わらずでした
サポートセンター使えねえー

そこでネットで情報を集めてみました
全く同じ症状のトラブルは見つけられませんでしたが
手洗い菅のトラブルはそこそこあるようです

次にトイレの構造を勉強することにしました
youtube等でかなり詳しく見れるので、助かりました
タンク内の構造や手洗い菅から水が出る仕組みなど理解しました

そしていろいろと
読み進めていくと
「これで直んじゃね?」
という箇所がありました
それは 止水栓です
cache-b3d105cf-6d9e-47af-c7b3-60da67705f3d.png
トイレに水を給水する重要なところ
ここが閉まっていたら、タンクに水を貯めることができません

ここをマイナスドライバー等で開け閉めする事で
水の勢いを調節することができるらしいです

さっそくやってみました
水を流しながらマイナスドライバーで
閉める方向に回しました、時計回りです
ふむ・・・かなり回してるけど水の勢いが弱くならない・・・
2周ぐらい回したところでやっと水の勢いが弱くなり始めました
その後、イイ感じの水の勢いに調節、水の勢いは元に戻りました


問題は解決したのだが疑問も残る
なぜ急に手洗い菅から水の勢いが強くなったのか
止水栓は触っていないのです
それなのに2周近く閉めてやっと
もとの水の勢いになったのです
止水栓が勝手に開いた???
しかも2周近くも・・・考えられん
それと「ガッガガコンッ」という異音
あれは何だったのか、この異音は止水栓が開く音?
止水栓に負荷がかかっていた?

いろいろ憶測で考えることができるが
正解はなんだろうか・・・

ちなみに
止水栓を閉めてから
2週間ほど経ちましたが
今のところ異常はないです
水の出もちゃんと「チョロチョロ」とでています
完全に直ったと思っていいのかなぁ
スポンサーサイト
日記

スポンサードリンク