胸毛くん

胸毛くん

この作品は俺の趣味を大きく変えた作品



この作品を知ったきっかけ

高校1年生の時(2008年)の話
私は明和水産という画像掲示板を日常的に閲覧していた
その掲示板に「みぞれ」というコテハンがいた
そのコテハンは書き込みをするときに毎回「みぞれ」の画像を貼っていた
CyFnFJNUQAA3EeR.jpg
この子が「みぞれ」

これがロザリオとバンパイアの出会い
このみぞれという子を見たとき、すごく魅力的な子だと思った
その後、この画像のキャラクターは何なのか気になった
そしてネットでいろいろ検索し探した結果「みぞれ」というキャラクターは
「ロザリオとバンパイア」という作品に出てくるキャラクターだという事を知った
この作品がすごく気になり漫画を買いました
そして全10巻を速攻で読破。

「面白すぎる!」

「みぞれ」というキャラが熱烈に好きになったと同時に
ロザリオとバンパイアという作品も好きになった

そしてその後、このロザリオとバンパイアのアニメもあるという事を知る
見ないわけがない、さっそく見る。

「かわいい」
「エロイ」
「面白い」


全13話を速攻で見終わった。


もうこの時点でロザリオとバンパイアという
作品がほんとうに大好きになっていた

そして居ても立っても居られなくなりこの作品の情報をもっと調べる事にした

(ちょっとここら辺から時系列が曖昧)
調べた結果、全10巻の第一部の続きの第二部が連載中であることを知った
もちろん即購入、確か1巻ぐらいしか出てなかったと思う
やはり面白い・・・もっと見たい…早く見たい・・・。

そしてロザリオとバンパイアを連載している漫画雑誌を調べることに
「ジャンプスクエア」ロザリオとバンパイアはこの雑誌に連載していた
もちろん即、購入
小学生の時に買っていたコロコロコミック以来の漫画雑誌を継続して買う事になった

同時期にアニメもいろいろ調べて知識を蓄えていた
そして声優に初めて本気で興味が沸いたのもこの時だ
本気でと書いたのは、前に「平野綾」に少しだけ興味を持ったからだ
ネットでたまたま見て知った涼宮ハルヒの憂鬱も結構好きになった作品
けど熱中するような感じではなかった

そしてこちらが初めて熱中した声優
「水樹奈々」を知ったのもこの時だ
この人の声がほんとに好きだった、OPとEDも水樹奈々が歌っていた
そこから水樹奈々の歌にハマっていき、CDも買うようになり、最終的にライブにも行った



福圓美里、釘宮理恵、斎藤千和、子安武人、井上喜久子
ここら辺の声優の知識も蓄えていった
自分が初めて声豚になった瞬間だった
もはや、アニオタになるのは必至だった

そして時間をそれほど空ける事無く、うれしい情報を知る
それはロザリオとバンパイアのテレビアニメ2期が放送される事
2008年10月1日から放送開始。

もちろん見るに決まっていた
もちろんリアルタイムで見るに決まっていた
深夜アニメをリアルタイムで見たのはこの時が初めてである
ちなみに自分の住んでいる地域が最速放送だった

この2期も超面白かった
それと同時に最終回の辛さも初めて味わった

OPも素晴らしかった。

もうこの時ぐらいになるとグッツなども買うようになっていた
とにかく毎日ロザリオとバンパイアの事を考えていたぐらい好きだった
そして水樹奈々という声優も大好きになっていた


アニオタになったきっかけ

2008年12月24日
この時、俺はロザリオとバンパイア二期が終わって悲しんでいた
水樹奈々の声が聴けなくなって悲しんでいた
けど声優なら違うアニメにも出てるんじゃと思い
調べてみると、ドンピシャ
2009年1月から放送のテレビアニメ「WHITE ALBUM」
そこで主役級のキャラの声優を演じる事になっていた

WHITE ALBUMを見る事にした
この作品が、結構面白かった
この時、初めて「深夜アニメ」というジャンルに興味を持った

2009年4月
WHITE ALBUMが終わった
そして深夜アニメを見る事を決めた

アニオタの始まり

2009年4月
俺は当時、テレビは部屋にあったけど
レコーダーは無かった、なので全部リアルタイムで見ていた

この時見てたアニメはこちら
「戦国BASARA」
「アスラクライン」
「アリソンとリリア」
「Pandora Hearts」
「けいおん!」
「戦場のヴァルキュリア」
「シャングリ・ラ」
「東のエデン」
「初恋限定。」
「亡念のザムド」
特に東のエデンはかなりハマりました

ほんとどれもこれも目新しく感じて
すごく楽しめた記憶があります
深夜アニメってこんなにいっぱいやってて
こんなに面白いんだと驚きました

もう後はアニオタ一直線
現在2018年の3月、後1か月で深夜アニメを見るようになって9年になります
もちろん今期も楽しくアニメを見ています。

これが私がアニオタになるまでの経緯。

・・・・

なんか話がかなりズレたな・・・
とりあえずロザリオとバンパイアの話に戻します

大絶賛してたロザリオとバンパイアですが
その後、途中で飽きてしまって見なくなったのです
あれだけ好きだったのにね・・・人間って不思議
どこまで読んだっけなあ・・・2012年ぐらいか・・・
購読していた漫画雑誌の「ジャンプスクエア」「別冊少年マガジン」「ヤングエース」
すべてを購入を止めた時もこの時です

そして久々にロザリオとバンパイアという作品が気になったのです
ロザリオとバンパイアの結末が知りたくなったのです

そして読んでみる事しました

ふむふむ
最初の方の話は今見るといろいろとツッコミたくなる内容
初期メンバー結構酷い奴らだよな、最初の印象悪すぎやろ
それと絵が違いすぎる・・・な
rtyuytrertree4 (2)
原作1巻最初のつくね君
rtyuytrertree4 (1)
原作最終巻の最後のつくね君

いや誰だよ!ってレベルで変わった
作者の作画の技術がかなり上がったのも影響してるんだろうなw

当時から歳をとったから楽しめないかもと思ってたけど
結構楽しめてるな、やっぱロザリオとバンパイア面白いな

第二部3巻のみぞれ回は当時
ほんとキツかった
ホントにみぞれが好きだったからな
今見てもやっぱ気分悪くなる
まああの後の胡夢とみぞれのキスシーンで気分良くなったけど
あのシーンすごい良いシーンだよね、大好き。

今回読んでるとさ
当時はみぞれ一択だったけど
今回は胡夢が一番好きになってるわ
なんでやろな、好みが変わったのか?


そしてアルカード編
当時はここらへんでダレてきて読むのやめたんだったなあ
確かにちょっとダレてはくるな
まあけどつまんなくはないぞ

そして最終決戦
懐かしいキャラ達も出てきて
終わりが近づいてるんだなってのが分かってきた
アルカード編の最後らへんは普通にワクワクドキドキで面白かった

そして決着、ハッピーエンド

うんうん、普通に良かったなー
思ってたよりかなり楽しく読めたよ
終わり方も文句なし
最後の話のモカさん可愛すぎワロタ


ほんとこの「ロザリオとバンパイア」って作品は思い入れがありすぎる

今回最後まで読めてほんと良かったよ




ちょっと気になったことがある
このロザリオとバンパイアの作者である「池田晃久」さんの
その後の情報が一切ない、ロザリオとバンパイア以降
連載は一切やっていない・・・
2014年に書いた読み切り作品以降まったく何も書いてない
どうしたんだろうか、病気?それとも亡くなった?
絵はかなり上手いし、漫画家やりたいならいくらでも仕事あると思うから
自分の意思で漫画から手を引いたのかな・・・まだ41歳なのに
うーん謎だ。





スポンサーサイト



スポンサードリンク

Posted by

コメント 0

まだコメントはありません

コメント書き込み