胸毛くん

胸毛くん

「ゴースト/ニューヨークの幻」 「評価」★★★★★



名前はよく知っている、あと、あの音楽も
すごい有名な作品だと思う

1990年のアメリカ映画、私が生まれる2年前の映画だね

私はこの映画を見たことがなかったし
どういう映画なのかも全く知らなかった

今回、テレビで放送していたので、見てみる事にしました。


最初らへんのラブなシーンであの有名な音楽が流れた
なかなかいい感じの曲だよな

そしてその後暴漢に襲われるんだが
銃声が鳴った後サムが犯人を追いかけて行ったので
ヒロインの方が死ぬ内容なのか思ったんだが、違ったわ
そこでサムが自分の死体を見るシーンは傑作だったな
パトリック・スウェイジ演技はなんかイイねハマってしまう。


その後も結構面白い展開

霊媒師のオダ=メイと出会うところも
面白いシーンだった。
ウーピー・ゴールドバーグの演技も良かった

まあここまで、結構楽しめてたんだげど
この先どういう展開になるんだろうか
面白くできるんだろうか・・・
と考えながら見てたら

衝撃な真相が判明
自分が殺された事件はまさかの親友が関わっていたのだ

ここで、「この映画、よくできてるなあ」と感心しました
名作と呼ばれるだけの事はあるなあと思いました

地下鉄のゴーストとのシーンも面白かったし
400万ドルの小切手を慈善団体に寄付した下りのシーンも傑作だった

その後なんやかんやでサムの命を奪った暴漢は死に
元親友だったカールも死んだ。

そして一段落ついて、物語のクライマックス。
サムの元に天国からの迎えが訪れる


うん、うん。
想像より面白い映画だったな
緻密に練られた優秀なストーリーだった

キャスト達も良かったな
全員、魅力的だった

有名な映画はちゃんと有名になる理由があるんだなってのが分かったよ
rftghgtfrewrt.jpg






スポンサーサイト



スポンサードリンク

Posted by

コメント 0

まだコメントはありません

コメント書き込み