胸毛くん

胸毛くん

「ソーラー・ストライク2013」 「評価」★★★☆☆


宇宙ものという事なので見る事にしました
あらすじも何もわからない状態で見ました

ちなみに「ソーラーストライク」と名前が付いている
作品は他にもありますがどれも見たことがなかったです

なかなか面白そうだ、自分の好きな内容な感じがする
民間の宇宙船で宇宙に行くという王道的展開
その宇宙船は超高性能で、すごく早い。

しかしこれ低予算映画なんだなぁ
セットも安っぽいし宇宙船もハリボテ感満載

そしていよいよ出発の時
搭乗クルーがなんかパッとしない連中
これで映画になるのかと思ってた

そして危なげなく宇宙へ到達
しかしそこでトラブル発生
宇宙船が制御不能となってしまう

俺はこの時、「なんやかんやでトラブルを解決して何人か死ぬけど帰ってくるんやろ?」
という王道的な展開を予想していたんだ・・・

けど全く違った
制御不能になった宇宙船はその後、太陽へ衝突してしまう
まさかのクルーは全員死亡・・・

あーこいつらモブキャラやったんや
だからなんかパッとしない連中ばかりだったのか・・・

しかし、宇宙船が太陽に衝突したことにより
なぜか太陽が「激おこ」
いろいろ小難しい説明をしていたがよくわかりませんでした


そして太陽がキレた事により
地球にいろいろなヤバイ事が起こってしまう
電磁パルス、落雷、地震、・・・・とヤバイ状態
二日で人類は滅亡するという
解決策はない。と完全絶望

ここで俺は、そうか、この映画はバットエンドな映画なのかと思った
俺はどちらかと言えばバットエンドの方が好きなのだ
なので、このままバットエンドに突き進んでほしい
そのまま人類が滅亡するまで描いて欲しい・・・と思っていた

残念なことにそういう映画じゃなかった
解決策が一つだけあるらしい

その方法は・・・
「激おこ状態の太陽にもう一回宇宙船と同じモノを衝突させるというもの」
そうすれば、なぜか太陽の暴走がおさまるらしい

マジで意味が分からなかったが
とりあえずそれで解決するらしい

まあ後は王道的な展開
とりあえず男二人で宇宙船に乗って地球を救う事になる
そこでトラブルが起きてしまう
しかし一人の勇気ある犠牲で地球は救われる
超、超、ありきたりな王道的な展開

いやー残念・・・
あのままバットエンドで人類滅亡エンドなら
星5付けてたかもなぁ
実際前半部分の絶望状態の時はかなり楽しめてたからなあ
後半で絶望から希望になって一気につまんなくなったな
設定がいろいろと雑で無理やり感が満載だったのも原因だな

それとこの映画かなり長くて178分もある
しかし今回テレビ番組で見たので2時間の枠の放送だったし
CMもかなり多かったので実質100分ぐらいかな
実に78分も削られている事になる

実際この映画いろいろと見ていておかしいなと感じるところがあった
じつはこの映画、ゲームのサブストーリーみたいな感じで
王道のストーリーとは別にいろいろと展開を盛り込んでるわけだ
難民キャンプとか、大統領と副大統領のいざこざ、とかとか

多分ここら辺をごっそり削ってるんだろうなと見ていて思いました
しかしあの難民キャンプでのババアの行動はどうなんだろうか
アレ、殺してるんだよな?、てっきり芝居で乗り切り感じだと思ってたんだけど
まあ、ここら辺もごっそり削られてるからよくわからんくなってるのかな

まあ正直こんなサブストーリーで時間取るぐらいなら
太陽が静まった後の復興を映画でやってほしかった
ほぼ地球全体のすべてのインフラとか電子機器とか壊れてたようなんだが
あの後どうなるんだろうなあ、絶対ここを映画でやった方が面白いのになあ


まあバットエンドじゃなくなったのは残念ではあったけどさ
この映画、つまんなくはなかった
ハチャメチャな映画だけど筋は通ってるような感じだし
前半はかなり楽しめたしさ。
2018y03m27d_024751178.jpg





スポンサーサイト



スポンサードリンク

Posted by

コメント 0

まだコメントはありません

コメント書き込み