胸毛くん

胸毛くん

「ゼロ・グラビティ」  評価「★☆☆☆☆」

大好きな宇宙ものという事で
見る事にしました



前からこの映画は予告などでどんな映画なのかは知っていました
その内容から「これ絶対面白いだろ!」と思ってました

軽くあらすじを紹介。

「とある事故で、シャトルは大破し、他の乗組員は全員死亡。
交信も断たれ、残った酸素はあとわずか。」

こんなん絶対面白いですやん・・・
俺の大好物ですやん・・・

と思って見始めましたが・・・


なんですかこれ


始まりは意識高い系な感じ
結構退屈する映像の連続

そして事故が起きる

デブリがシャトルを襲い
結構ヤバイ状態と同時に映画としてやっと面白くなってきました
しかし映像がすごいね、綺麗ですよ、この映画

と、まあここまではまあ良かったんです・・・

この先・・・が問題
この映画を見るのはほんとに苦痛でした

この段階で生き残ったのは二人だけ
その一人が・・・アレなのです

あの主役のストーン博士の事です
女の医療技師なのですが
この人が生理的に受け付けませんでした
とにかく言動がイライラの連続
あまりにもウザすぎたので吹き替えから字幕にしましたが
こっちでも結構イライラしたので、すぐ戻しました

ホントに、究極に人をイラつかせる言動
プロフェッショナルとは思えない言動
馬鹿な女のキャラ設定ならいいんですが
この人秀才の超エリートでしょ
女優の顔もキリっとした意識高いエリートって感じなのも言動に合わない

とにかく・・・ほんと、ずっとイライラしながら見ていました
さっさと死んでくれと思いましたが、願いは叶わず・・・・

まさかのもう一人の生存者マットが死んでしまいました
またその死に方が酷い・・・
もうちょっとどうにかならなかったのか・・・・

そしてこの主役のストーン博士ですが
その後、なんやかんやで運だけで地球に戻ることができました
そして一件落着。

マジで酷い。
内容が俺の大好物そうだったのもあり
かなり残念で落胆した


俺はあの事故の後
少数の生き残った宇宙のプロフェッショナル達が己の頭脳と経験を駆使し
困難極まるあの状態から生存するような内容の映画が見たかった
そういう映画が好きなんだ・・・

なのに、見てみれば
ギャーギャー喚き散らすしか能がない馬鹿女が
ただ運だけでなんやかんやで助かって、地球へ帰還する・・・
こんなん何が面白いんや・・・


ほんとビックリ
これほどつまらなくて、退屈して
イライラする映画はほんとに初めて
つまらないだけの映画は腐るほどあるが
ここまでイライラさせられる映画はなかなかないだろ


コレ、俺のワースト映画のトップ3に永遠に残り続けそう・・・
ertrewertrd.jpg





スポンサーサイト



スポンサードリンク

Posted by

コメント 0

まだコメントはありません

コメント書き込み