胸毛くん

胸毛くん

「おくりびと」 「評価」★☆☆☆☆


有名な映画ですよね
私はこの映画を見たことがなかったですが
名前はよく聞いていました

しかし10年も前の映画なんですね
もっと最近の映画なように感じます
時が経つのは早いです・・・

今回テレビで放送していたので
有名な映画という事で見る事にしました
ちなみに本編ノーカット放送でした。


いきなり、おくるシーン
こういう映画って事ぐらいは知っていたので
特に何とも思いませんでした
このシーンの面白いところは生えていたことかな

この後は、過去に話が戻る
どのようにしてこの仕事をするようになったのかの物語が始まりました


JBLのスピーカーが置いてあるあじのある家
そして仕事を見つけるんだが
いきなり給料50万か・・・儲かるんだなあ
楽そうな仕事だなあと最初思ってたが
腐乱死体とかも扱う仕事なんだと知り
確かに人を選ぶ仕事ではあるなあと思ったり・・・
なぜか奥さんにこの仕事の事を隠している主人公・・・
そしてなんやかんやでこの仕事に慣れていく主人公・・・


そしてここからこの映画は陳腐な内容になりました
奥さんにこの仕事の事を知られてしまうのだが
この仕事を拒絶されてしまう・・・
そして実家に帰ってしまう・・・

このシーンがちょっと考えられない
あの奥さん人間としてどうなの?
正直、ゴミクズ人間すぎてドン引きしました、

幼馴染の銭湯の息子からの言葉や奥さんの言動などで
職業を露骨に差別している感じを表にだしてきて
ひどく気分が悪くなりました

そして奥さんは実家に帰ったまま
物語が進み、主人公もこの仕事を続けていく


そして急に奥さんが帰ってくる
そして妊娠してるんだと
で、性懲りもなく、また仕事を差別し辞めろと迫る
謝りもしない・・・


なんじゃそりゃ・・・
こんなゴミクズをまだ物語に登場させるのか?
どうなってるんだ、この映画は・・・
正直、このゴミクズを見ているだけでイライラが止まりません


そしてその場面で、電話がかかってきて
一人で銭湯を切り盛りしていた、人が亡くなったとの連絡


うーんまあフィクションじゃんって言われたらそこまでなんだけど
物語の展開が突拍子すぎて、ついていけない


その後の展開もなあ・・・
あれほど差別し嫌悪していたこの仕事を
たったあれだけで、理解を得られるとは思えない
あの後、普通に仲良くなってて、もう呆れました


その後、父の死を知り
最初は戸惑うも、父の元へ行くことにし
そしてなんやかんやで、納棺を自ら手掛ける事になり
そして物語は終わる・・・


ほんと残念な映画だった
「このシーンいいなぁ」と思うところも結構あったし
いい題材の映画だったのに、大筋のストーリー(主に広末)があまりにも陳腐すぎて
物語に全く入っていけませんでした
広末の役を完全に抹消して、もっと淡々と物語を進めていれば
私の中でのこの映画に対する評価はもっと高かったと思う


しかし世間ではこの映画の評価は高いんだよなあ
人の死を近くで体験したら評価は変わるのか?
確かに俺はそういう経験をまだしたことはない
だがそれを踏まえてもこのストーリー展開はないと断言したい。




スポンサーサイト



スポンサードリンク

Posted by

コメント 0

まだコメントはありません

コメント書き込み