胸毛くん

胸毛くん

「2012」 「評価」★★★★☆


この映画はずっと見たいと思っていました
今回はBSで放送していたので見る事が出来ました


結論から言えば
そこそこ面白かった
マヤの預言やノアの箱舟などの
オカルトチックな要素もあり
こういう系が好きな自分はワクワクしながら見れました
地球滅亡をきちんと丁寧に描いた映画としては
かなり上出来だったと思う

映像も凄くて・・・
うん、あらためて思い返すとマジですごかったな
地球滅亡を超絶映像でこれでもかってぐらい
迫力満点でエンタメ性を存分に盛り込んで
ほんと素晴らしいモノになってた
とにかく映像は今まで見た映画のどれよりも一番すごかったと断言できる

しかしストーリーは少し俺に合わなかった
人間模様がくどかった、まあ一言でいえば「長い」んだよ
もう少し削るか映画の視点を地球滅亡の方にして欲しかったかな。

そして最終的には選ばれたモノだけが助かって
後の大半の選ばれなかったモノは助からなかったというオチ
「選ばれた人間」ってのが「頭が良い奴」そして「金持ちの奴」
後はごく少数の「運が良い奴」だったんだよね
クライマックスの歓喜に沸く瞬間は俺はちょっとモヤモヤしたかな
その後のエンディングもあまり良い余韻は感じられなかった

まあそれを踏まえても
地球滅亡系の映画としては
上位に位置する事は間違いない
こういう系の映画が好きならば
間違いなく見た方がいい
映像はマジですごいので。
2012jdssugoine.jpg


スポンサーサイト



スポンサードリンク

Posted by

コメント 0

まだコメントはありません

コメント書き込み