胸毛くん

胸毛くん

「猿の惑星」 「評価」★★★★★

この映画の名前はずっと知っていましたが
猿の惑星自体は一回も見たことがありませんでした

今回はBSで放送していたので見ました


結論から言えば
凄い面白かった

猿が馬に乗って現れてからは
ずっと食い入るように見てました
世界観にほんとに引き込まれた

そして50年前の映画とは思えないぐらい特殊メイクがすごい
あの猿の表情とか現代でも通用するレベルだろ


物語的に最初から不時着したところは地球だろうなとは
なんとなく予想していたけど、ラストの自由の女神で終るシーンは鳥肌モノでした
そこですぐ終わるってのがまた良かった、このオチを引き立たせたな

文句なしに面白い作品ではあったけど
いろいろツッコミを入れたいというか分からないところもあった

まず猿が英語をしゃべっていた事
これはどういう事だろう
どういう過程で猿が英語を話せるようになったんだ
人間の未来の科学力で猿に教え込んだとか?
猿が英語を話せる整合性を持たせるならこれぐらいしか考えられん

それと猿と人間の立場が逆転した事
これもどうなってこうなったんだろう
人間は核戦争で地球をめちゃめちゃにしたってのは分かるが
その後だよな、何らかの力で猿を賢く進化させたのちに
人間がすべての技術を放棄する以外にないよな
うーん分からん、謎だ

他にもいろいろ分からないことがたくさんある
けどほんと面白い世界観だった。


今回は1968年公開の一作目を見たわけだけど
猿の惑星シリーズって何作あるんだこれ
こんなにあるとは思わなかったな

せめて最初の5作品は全部見たいなぁ・・・
謎なところとかいろいろ解明されるんだろうしなぁ・・・
テレビで順にやっていってくれないかなぁ・・・

fgytrdfsfght544gfdf.jpg






スポンサーサイト

スポンサードリンク

Posted by

コメント 0

まだコメントはありません

コメント書き込み