胸毛くん

胸毛くん

「トゥモロー・ワールド」「評価」★☆☆☆☆


ストーリー
西暦2027年11月。人類は希望を失い、世界は恐慌状態におちいっていた。
なぜか出産の能力が失われ、18年間にわたって全く子供が生まれないのだ。

面白そうな内容と思った
迷わず視聴決定
今回はBSで放送していました


結論から言う

なんじゃこの映画・・・
何がやりたいんだ
分からんぞ、マジで分からん
理解ができない

冒頭の世界最年少の青年が死んだという展開
これは面白くなりそう!と心躍った俺に謝れ
詐欺だろこんなの

ナゼ、人が生まれなくなったのか
ナゼ、キーだけ子供を授かったのか

こういうところをきちんと説明してほしかったのに
映画の内容は大半がどうでもいいシーン
逃げまどって、騒いで、ドンパチ、殺し合い、何やってんだって感じ
そしてほとんどの謎をほったらかしてエンド。
こんな内容の映画なら俺でも作れるわw

ここまで意味不明でやりたいことが見えてこない映画はなかなかない
最後の20分ぐらい、とうとう、我慢できなくなって
映画で初めて1.5倍速の「早見再生」を使った
マジで2時間盗まれたよ・・・。


少し調べて、驚いたことがある
あの「ゼロ・グラビティ」を作った監督と同じだったという事
アルフォンソ・キュアロンという人

ゼロ・グラビティという映画
もうほんっとにつまらない映画だった

驚いた理由だが、それは俺のワースト映画の一位、2位がこいつの映画だったから
そして同じ詐欺られ方をしたから

映画の設定は面白そうなのに
実際ふたを開けてみれば
想像していたのとは全く違う内容

なんかイライラしてきた

今後一切この監督の作品は見ない。

edfcsldikiorjo43krfsoj.jpg




スポンサーサイト



スポンサードリンク

Posted by

コメント 0

まだコメントはありません

コメント書き込み