胸毛くん

胸毛くん

この記事で紹介したヘッドホン
Pioneer SE-A611
DSCPioneer SE-A611 (5)
とにかく音質が悪い
出ない高音に
曇っている中音域
そして量感が全くない低音
そのくせ中低音域の「ブォーっ」て感じのブーミーな低音は過多気味

まあ安いから文句も言えないんだが
それにしても悪すぎる
イコライザを使い高音と低音を上げ
だましだまし使っていましたが
我慢の限界に達しました

そして
この安物ヘッドホンPioneer SE-A611を
できるだけマシな音質へ変化させるため改造をしました
今回はその全記録です(長いです)

heltudohonopaionia (1)
まずはパッドを外しました
heltudohonopaionia (2)
そうするとさらにウレタンの薄いスポンジが貼ってあります
heltudohonopaionia (3)
ボンドでがっちり付いているため一回取ると再利用するのは難しくなります
heltudohonopaionia (4)
ボンドの後が残ります
heltudohonopaionia (5)
ここが問題です、ツメが見えますが
これがボンドでがっちりと止められていて
このままでは分解はできません
heltudohonpaionia21 (1)
そこで登場するのがドライヤーです
heltudohonpaionia21 (2)
そして温風をツメのところへ当て
ボンドを溶かしていきます
ここで気を付けなければいけないのはユニットの振動板はかなり溶けやすい材質なので
必ずツメ部分にだけ温風が当たるようにしてください
heltudohonpaionia21 (3)
そして全部溶けたら手早くツメを動かして分解します
この作業は結構簡単に終わりました、結構すぐにボンドは溶けてくれました
内部の構造です、ハウジングの穴が開いているところに薄い布が貼ってありました
heltudohonpaionia21 (4)
ユニットです40mmはやはり大きいですね
外見は良さそうです
heltudohonpaionia21 (5)
さっそく改造開始、試行錯誤の開始
まずはハウジングに厚手の両面テープを貼ってみました
dsujonsoj433heltddohon (1)
こういう両面テープです
dsujonsoj433heltddohon (2)
全体的貼ったらアルミホイルを貼り付けました
見たらわかる通り、密閉型にしてみました
dsujonsoj433heltddohon (3)
その後もう一回薄い普通の両面テープを貼りアルミホイルまた貼りました
二重構造にしました、その後薄い布を付けてみました
koreanaokeheltudohon (1)
次はこっちを改造します
koreanaokeheltudohon (2)
このようにバッフルに穴をあけてみました
バスレフっぽい感じかな
koreanaokeheltudohon (3)
その後薄い布で覆いました
koreanaokeheltudohon (4)
そしてプラスチックの音の鳴きを消すため
バッフルにビニールテープで覆ってみました

この状態で一回組みなおしてみて
音を確認しました
そこまで大きな変化は感じませんでしたが
低音がほんの少し増え
曇りがさらに酷くなり
音質は悪くなったような気がします


さあ試行錯誤
fikdxmp48309hukahuka (1)
次はこれを使いました
fikdxmp48309hukahuka (2)
このようにしてバッフル面に貼り付けていく
fikdxmp48309hukahuka (3)
二重にしました、外見は不細工ですが
イアパッドを付ければ見えなくなるので問題ありません
そしてバッフルに穴をさらに二つ増やしました

この状態で再度組みなおしました
さすがにイアパッドはキツキツでしたが
なんとかつける事が出来ました
音は低音は明らかに質は良くなった感じがする
「ボワー」とした低音が少しタイトになった
けど重低音は相変わらず出ず量も少なすぎる
そして相変わらず高音は全くダメ
あと全体的に音が曇り、クリアじゃないです
それと長時間付けていると耳が痛いです


さあ試行錯誤
sirikonniremasitananoheldo (1)
やはり密閉型はダメなようです開放型に戻します
sirikonniremasitananoheldo (2)
プラスチックの鳴きを軽減するため
家にあったバスボンドQというモノを使う事にしました
sirikonniremasitananoheldo (3)
ドバッと・・・(もう後戻りはできない)
sirikonniremasitananoheldo (4)
このようにハウジング内に全体的に塗りました

一日放置し、また組んで音を確認しました
密閉型から開放型にしたので
曇りは少し晴れて少しクリアな感じになったような
低音は、ほとんど変化はないな
高音は相変わらず出ませんね
まあ、大きく音は変わってません


さあ試行錯誤
kezurimasuyokowasimasuhedohon (1)
今度はこれ、壊れたヘッドホンに付いていたのを取りました
SE-A611はプラスチックなのでこれを金属に変えてみようという作戦です
金属だとなんか高音出そうな感じしませんか?(プラシーボ効果・・・)
kezurimasuyokowasimasuhedohon (2)
まず、2重にしてたのを剥がしました
kezurimasuyokowasimasuhedohon (3)
そして慎重にニッパーで切っていきます
kezurimasuyokowasimasuhedohon (4)
ハイ取れました
kezurimasuyokowasimasuhedohon (5)
二つとも無事完了
後は軽くバリ取りをしました
sirikonnkinnzokuhedohon (1)
このように取り付けます
sirikonnkinnzokuhedohon (2)
そしてボンドで固定
今回は木工用ボンドを使用しました
粘着強度はありませんが仮止めなのでこれで問題ない
sirikonnkinnzokuhedohon (3)
一日経って乾きました
茶色のはただのカバーです
sirikonnkinnzokuhedohon (4)
そしてまたまた登場シリコン
隙間を埋めるようにシリコンを入れていく
ここであえて、表面をザラザラにしてみました

そして一日放置しました
結構頑丈に固定できています
そして音を聞いてみる
うーん、高音変わったような?
気持ち増えた感じもしないでもない
プラシーボなのかなぁ


そろそろ終わりです
mohumohuheltudohon (1)
このパフを使い
mohumohuheltudohon (3)
こんなのを作ってみた、あえて全部塞がない状態でトライ
こんな状態でもイヤパッドはちゃんと付けれました

そして音を確認
?!・・・音が良くなった
低音の量感、質が向上
そして抜けが良くクリア気味に
そして音がクリアになったことにより高音が少し良くなった
今までとは明らかに違うかなりの変化


mohumohuheltudohon (2)
試しにパフを減らしてみる、うーん低音の量感が一気に減ったな
さすがにバランスが悪いな
mohumohuheltudohon (4)
次は全部を囲ってみた
低音の量感がさらにアップ
全体的に音のバランスが良いです
これが一番という結果になりました

そしてちゃんと聞いてみる
最初の頃に比べたらだいぶマシになったな
低音は明らかに良くなっている
だが聞けば聞くほど高音はやはり物足りないなぁと感じる
ほんと出ないねぇ高音、イコライザでいじっても
高音を無理に出そうとすると音のバランスが崩れるんだよね
高音を上げると中音域が曇りだすんだよ、困った子だよほんと
まあこんなもんかなぁと…これ以上やれる事ないなぁと・・・
思ってたんだが・・・


思いつきました
sinndoubannsaigohedohon (1)
これです
sinndoubannsaigohedohon (2)
そう、ユニットのマグネットのところの薄い膜みたいなの
これを外してやる!
もうどうなってもいいやって気持ちでね
sinndoubannsaigohedohon (3)
外せました、結構大きい穴
中を覗くと振動板が裸の状態だ
この状態で音を鳴らしてみると
まあ想像通りだがユニットの後ろからも
結構な音が出るようになりました

そして組みなおす
音を聞いてみる
さあ・・どうなる・・・・
!?!?なんじゃこの低音の量は・・・
驚くほどの量感・・・
もはや最初の頃の面影は一切ない

今まででダントツで一番音が変わった
イコライザを使わないノーマルな状態の音は
とにかく低音過多、量が多すぎて高音や中音域すべてを邪魔している

試しにイコライザで低音を少し下げてみる
そうするとかなりバランスがイイ低音が出てきた
これはすごい!、このヘッドホンでこんな低音がでるようになるんだと感動

次は高音をイコライザで上げてみる
?!音が曇らない・・・あれだけ高音を上げると曇っていた中音域が
ほとんど曇らなくなっている、どうなってんだ、驚くほど変わってる
高音の不足感はかなり改善された
だがやはり音の質は良くはない、まあこれはユニットの性能の限界だろうね


hedohonowari.jpg
ちなみに外見の変化はありません

長い試行錯誤はこれでおしまい
最後のでかなり変わりました
なので一番最初に最後の改造ををしていたらどうだったのか気になる
いろいろ施してきた事は実はあまり意味がなかったのかも知れない
もしかしたら音を悪くしている可能性も無くはない
だがこれだけやったんだから
奇跡的にすべての改造が音質をいい方向へと
導いたと、そう思いたいね

とりあえずあれだけ酷いヘッドホンがここまで聞ける音質になった
その記録でした

このヘッドホンを好きになれそうです。



スポンサーサイト



スポンサードリンク

Posted by

コメント 0

まだコメントはありません

コメント書き込み