胸毛くん

胸毛くん

「マイノリティ・リポート」 「評価」★★★☆☆


マイノリティ・リポートという名前はどっか聞いた事あった
番組欄のあらすじを見て、面白そうだと思ったので見ました

今回はBSで放送していました
字幕のシネスコサイズでノーカット放送でした。


結論から言えば
まあ普通に面白い


物語の設定はすごいと思った
冒頭でアニメ「サイコパス」の世界みたいな感じかなと
思ったが全然違った

まあだけど「特別な人間」をシステムに組み込むってのは
全く同じ構想ではあるけどね

主役はトム・クルーズ
アクションもそこそこあった

ストーリーは難解なようで結構単純な話
特別な人間を使って、殺人を予知し
それを使って殺人率0%の世界を作る
その過程でのいろいろなトラブルのお話
オチというか黒幕は特に驚くような人間ではなかった

舞台は2054年のワシントンD.C
いろいろな未来なモノがあってそういうのも良かった
あの、手で操作する情報表示端末は使いづらそうだったな
しかも疲れるだろ、手をシュバシュバと高速で
動かしてるのは結構笑える

そして物語の核であるプリコグ
結構気持ち悪いビジュアルをしている
初めて見た時人工物かと思ったけど
生きた人間なんだな
人権とかどうなってんだろう


それと未来のレクサスの車が登場してた
結構カッコよかったな、いかにも未来!って感じで
mainoriterepototoriarzu (2)


あと気になったのは画質が少し悪かった事
調べたら監督の考えで意図的に画質を低下させるような処理をしたとの事
実際クッキリ感がなく少し靄が掛かっているような画質
正直なんでこんなことをしたのか分からない


矛盾点とかツッコミどころとかも多々ある作品だし
すごく面白かったとは思わなかったけど
斬新な設定とストーリーは見て損はないと思う
mainoriterepototoriarzu (1)





スポンサーサイト



スポンサードリンク

Posted by

コメント 0

まだコメントはありません

コメント書き込み