胸毛くん

胸毛くん

ついに日本の試合が始まった
4年に一度のワールドカップが始まっている


スポーツといえばサッカーがダントツで好き
もちろん自分でプレーするわけじゃなく見る専門

だけどマニアとかオタクとかレベルではなく
あくまでニワカサッカーファンである

基本的に日本の代表戦は絶対に見てるが
それ以外は暇な時にたまーに見る程度
海外のリーグとかも日本の選手が出ている試合しか見ない
Jリーグの試合も見てないし知識はない
クラブワールドカップとか大きな大会は見てるが・・・
それでもじっくりと見るような熱心さはない

前回の2014、ワールドカップは仕事でほとんど見ることができなかったのであまり記憶がない・・・
2010年の時はすべて見ることができたので記憶にすごく残っている・・・
ほんとに面白かったなあ・・・

そして今回8年ぶりにまともに見るワールドカップ

直前に監督交代などいろいろありました
ちなみに俺は監督は変えないでほしかった派です
しかし俺の一番好きな選手はケイスケホンダです
結構、複雑な気持ちになりました

ハリルはきちんとワールドカップ出場という
結果を残したのにコミュニケーション不足という理由で
強制的に辞めさせるのはあまり気持ちのいいものではありませんでした


そして新監督は西野になりました
そして準備期間も十分にないまま
ガーナ、スイスといいところがないまま負け
雰囲気はかなり悪いものになってました
だがパラグライ戦で4-2で勝利し少し活気を戻したが
そのパラグライとの試合もすごくいいとは言えない内容
とにかくミスが多い、決定的な瞬間が何回もあった
日本は4点取ったがこの試合では少なすぎる、もっと取れた
パラグアイが後半から全く脅威じゃなくなったしな


そしてあまりいい雰囲気じゃないまま
本番、06月19日21:00、コロンビアとの試合が始まった

コロンビアは強い、誰もが言った
だが結果は全くの予想外だった

試合開始直後から結構いい雰囲気を感じた
そして大迫の頑張りとそのあとの香川のシュートで
奇跡が起きた、なんとコロンビアにレッドカード、そしてPK獲得
開始間際でいきなりレッドで驚いたが確かに明らかに手が出ていたな
これ触ってなかったらどうなっていたんだろうか


前半6分、香川は危なげなくPKを決めて日本先制

そしてこの瞬間から空気が変わった
「これ日本勝てるんじゃね?」と

数的に有利になった日本は
その後もコロンビアの攻撃にも耐え
ゴールのチャンスが何回かはあったが点はなかなか入らない

そして前半の終盤、長友だったかな
ボールを高く蹴り上げ、そのボールを長谷部がコロンビアの選手と
競り合う形になったんだが、そこで長谷部へのファールを取られてしまう
リプレイを見たがどう見てもコロンビアが当たり屋だろ
ヒップアタックで長谷部を押し倒しているだけのように見える

まあ終わったことはしょうがない
その後のコロンビアのフリーキックを気を付けなければ・・・
だがそこでコロンビアにゴールを決められてしまう
1926568402_768x432.jpg
やはり川島なのか・・・
川島って頼りになるときはほんと頼りになるだが
ここ最近酷い判断が多いように思う


勝っている状態で前半を終えたかったが
同点の状態で後半戦へいくことになる


それでも数は有利で日本の逆転のチャンスもまだまだあった
後半は日本のペースだったがなかなか点は入らない

その後コロンビアはハメス・ロドリゲスを投入
怖い選手だが投入後も日本のペースは続く


そしてついに香川と変わって、本田を投入
いきなりのシュートでケイスケホンダ感を演出

そしてコーナーキック
蹴るのはもちろんケイスケホンダ

やはり本田はケイスケホンダなのだ
絶妙なコントロールでゴール前までボールを運び
その後大迫が決めてくれました
マジで震えました、スゴイ!
ri2SzTb.jpg
そしてすぐ結果を出す本田もやはりケイスケホンダ

その後、危なげなシーンもいくつかあったが
なんとか2ー1でコロンビアに勝利
15294103180094.jpg



すげえの一言、ほんとにハラハラドキドキする面白い試合だった
まさかのコロンビアに勝っちまうとはな
これで勝ち点3、まさかの決勝トーナメント行けちゃったりするのか


次はセネガルか、もちろん格上で楽に勝てるような
相手では決してないが、なんかまさか、まさかをまたやってくれそうな気が・・・
というかやってくれや

そういえばセネガルはポーランドに勝ったんだな
これはセネガル、次の日本戦でガチで勝ちに来るだろうな
キッツイ試合になりそう、日本のボロ負けも覚悟しないといけないな


しかし
今回の試合マジ面白かったな
久々にイイ試合だった。





スポンサーサイト



スポンサードリンク

Posted by

コメント 0

まだコメントはありません

コメント書き込み