胸毛くん

胸毛くん

「アンドロメダ…」 「評価」★★☆☆☆


大好きな、SFモノだったのでみようと思いました
1971年制作の映画で47年前の作品です


結論から言えば
話は面白い

昔の映画ってなんでこう
全体的に暗いんだろうか
BGMもほとんどないし
エンタメ性を前面に出していない感じ
今の映画とはほんと雰囲気が違うよね
これは好みの分かれるところなんだろうな


今回のアンドロメダという作品
全体を通してのストーリーは結構単純で難しいところはない
しかし昔の映画によくある、説明不足なところがこの映画を難解していく
きちんと説明されないままどんどん物語が進む
「自分の中で、これはこういうことなんだよなぁ?」と自問自答して見てた

そして難しい専門知識、ほんと頭に入ってこない・・・
インテリ達の理解できない会話が多数出てきます、説明もないですしね
こういうシーンは結構眠くなりました

最後に映画のセットの事ですが、これはなかなか良かったです
昔の映画って感じはしませんでした


と、まあ、あまり褒めてはいませんが
ストーリーは抜群に面白いんです
SF作品としての面白さは間違いなく上位に入ると思います
だけど残念ながら私にはこの映画の雰囲気は合いませんでした
もう少し省けるところは省いて、説明不足感を解消してくれていたら
もっと俺の中での評価は高かったと思います

けどこの作品を見れて良かったと思う
こういうストーリーは超大好きなので。


2018y08m01d_121155393.jpg




スポンサーサイト



スポンサードリンク

Posted by

コメント 0

まだコメントはありません

コメント書き込み