胸毛くん

胸毛くん

「メアリと魔女の花」 「評価」★☆☆☆☆



2017年公開の日本のアニメ映画
CMも頻繁にしてたのもあり興味があった


今回地上波で放送していたので見ました


結論から言えば
ジブリ風の薄っぺらいストーリー


これは・・・・酷い
ストーリーがとにかく酷い
ツッコミどころが満載
すべてが薄っぺらい
大学というのを長々と説明していたが
まったく有効に活用できてなかった
たくさんいた生徒はどこ行ったんだよ

時間が無さすぎるんだよなこれ
とにかく設定を生かしきれてない
テレビアニメとかで長くやってくれてたら
評価はもっと変わっただろうなと思った


そんな中でも一つだけ良かったところ
それは主役のメアリ・スミスがそこそこかわいかったところ
それと声を担当していたのは声優じゃなかったが
声の質も良くそこそこ上手かったのも好印象

しかし主人公以外のキャラクターはマジでパッとしなかった
主役級の「ピーター」というキャラがホントに雑だった
最後までキャラが立つことがなくどういう人物なのか分からなかった
物語を作るためにただそこにいた感じだった

そしてネズミのような姿をしているキャラ
ピンチな時にこいつがすべてを解決していく
もうこのキャラはギャグの域に達してる
ラストのシーン
物事が解決してさあ、帰ろうとなったところ
どうやって帰るんだろうと思っていたら
やはりネズミ登場(笑)
もうここでこの映画はダメだと思った


この作品は大人ではまず楽しめないですね
子供・・・小学生低学年ぐらいまでがターゲットでしょうかね
Amazonのレビューで星1が一番多いのも納得です


この映画の監督はジブリで有名になった米林宏昌だけど
ジブリ時代に米林宏昌が監督を務めた作品
「借りぐらしのアリエッティ」や「思い出のマーニー」は面白い作品だったのにね
なんでメアリはこんな出来なのだろう、謎だ。

2018y09m07d_213206923.jpg
スポンサーサイト



スポンサードリンク

Posted by

コメント 0

まだコメントはありません

コメント書き込み