胸毛くん

胸毛くん

「もののけ姫」 「評価」★★★★☆


この作品は久しぶりに見る
もう何年前だろうか・・・
前回見たのは小学生の時で、たぶん3年か4年生ぐらいの時
もう15年ぐらい前になるのかな・・・
当時見た感想としては結構怖かった記憶がいまだに残ってる
グロいんだよなこれ、手とか頭が吹っ飛ぶし、普通に骨見えてるし
けどそういうのもあり、いろいろなシーンが記憶にこびりついている作品でもある

俺の記憶ではもののけ姫ってちゃんと見たのこの一回限りだったと思う
まあテレビで頻繁に再放送していて、チラッと見ることがあったけどね

今回、なぜ、もののけ姫を見ようと思ったのか
それは、もののけ姫の劇中歌の「アシタカとサン」という曲を練習しているからです
この曲がおそらく流れるだろうと思ったので見ようと思いました


結論から言えば
やっぱこの頃のジブリはすごい

圧倒的作画と素晴らしい音楽で一気に物語に引き込まれたね
やっぱジブリってこれだよ、ストーリーだけじゃダメ
この作画と音楽が合わさってのジブリ作品
正直これを全く同じストーリーだけど
一般的な深夜アニメの作画な作品だとしたら
ただの埋もれた作品にしかなってないだろうね


そして目当ての「アシタカとサン」という曲
いつ来るのか、いつ来るのかとワクワクしてましたが
終盤のシーンで使われていました

まあ、感動ですよね
ずっと練習している曲がいいシーンで流れる
気持ちよいのなんのってね・・・

これで「アシタカとサン」をもっと気持ちを入れて弾けるようになったと思います。

monodisudoijreokoifj44rfd.jpg



スポンサーサイト



スポンサードリンク

Posted by

コメント 0

まだコメントはありません

コメント書き込み