胸毛くん

胸毛くん

「2010年」 「評価」★★★☆☆


1968年公開の2001年宇宙の旅の続編
公開日は1984年と16年も経っているので続編と言うよりリブート作品な感じがする

「2001年宇宙の旅」はホントに謎が多く難解な作品で信者力を試される映画で正直つまらなかった
今回の「2010年」もあまり期待せずに見ました


結論から言えば
前作と違って普通に楽しめる


思ってたのと違いました
今回も難解でよく分からない終わり方をするんだろうと思っていました
けど今回はほんと見やすく、分かりやすくストーリーが進行していきました
HAL 9000の故障の解明やモノリスの事、前作の主人公、ボーマンが現れた事など
SF映画の展開としてかなり面白いと感じました


前作の2001年宇宙の旅はかなり見る人を選ぶ映画でしたが
今回の2010年は誰が見てもそこそこ「面白い」を感じられる内容でした

tytrieo5o44pkrpfd.jpg


スポンサーサイト



スポンサードリンク

Posted by

コメント 0

まだコメントはありません

コメント書き込み