胸毛くん

胸毛くん

「マギー」 「評価」★☆☆☆☆


シュワちゃん主演の2015年公開のアメリカ映画
番組表でのあらすじが面白そうだったので見ることにしました


結論から言えば
面白いとか面白くないとかそれ以前の問題


これなんだろうなぁ
とにかく映画っぽくないんだよ
なんかずっと暗い、メリハリがない
盛り上がりもない、オチも特にない

この映画はいわゆるゾンビ系の映画なのですが
一般的なゾンビ映画とは違い、物語の始まりの時点で
すでに娘がゾンビウイルスに感染しているところから始まる

この時思ったのがシュワちゃんが活躍して娘が助かるのかな?と思いました
けどちがった、今回のシュワちゃんは何もしない、娘が完全なゾンビになってしまう
過程をただ眺めているだけ、そしてその後娘は完全なゾンビになる前に自ら自殺するという
ほんと暗い内容、この雰囲気が最初から最後までずっと・・・

正直ちっともワクワクしないです
何を楽しめばいいのか分かりません
自分はどちらかと言えばバッドエンドが好きなのですが
このバッドエンドは全く魅力を感じませんでした

ストーリー自体にも無理がある気がする
感染して死が決定しゾンビにしかならない事が判明したにも関わらず
家族の元へ帰すってのが分からん、どう考えても人権を無視し強制的に剥離するべきだろ
国に危機感が全く感じられないんだよな、逃げられたらどうするつもりなのだろう
感染者が徒党を組んで反乱を起こされたらどうするつもりなのか
絶対この先感染者が増えたらこういう事が起きるだろうな、また違う映画になりそうだが・・・。


2018y11m18d_144251393.jpg

まあ95分の短い映画なので、サクッと見れるところは良かった。







スポンサーサイト



スポンサードリンク

Posted by

コメント 0

まだコメントはありません

コメント書き込み