胸毛くん

胸毛くん

「ワールド・ウォーZ」 「評価」★★★★☆


2013年公開の映画、主役は ブラッド・ピット

好きなジャンルの一つである
ウイルス感染、パンデミック系の映画だったので見ました


結論から言えば
ストーリーがきちんと面白いゾンビ映画でした


最初から最後まで
基本的に飽きないで見れるような内容です
映像の迫力、リアルさもさすがの出来です
とにかく物量(ゾンビ)で圧倒されます
日本には絶対に作れないですよねこういうの

ストーリーは少々ツッコミどころもあったし
主人公の妻の行動にイライラさせられる事もあったけど
大筋の内容はちゃんと考えられてて違和感もなく面白かった
物語のオチ、パンデミックの解決策も個人的に好きです

ゾンビ映画ってパンデミック発生から終息までの
作品ががほとんどで終息してからの復興を描いてる映画って
ほとんどないよな、てか、あるのだろうか
もちろんこの「ワールド・ウォーZ」も前者だった
ほとんどの人類は死んでしまったようだけど
あの後どうするんだろうか・・・
こういう作品もあっていいような気がするなあ。
2019y04m15d_224759659.jpg


ちなみにこの映画途中で気づいたんだけど
見た事ある映画でした

最初の方でなんかこの映画、既視感あるなーと感じてて
けど、「見た事ある!」とは気づかずそして物語が半分ほど過ぎて
あの壁が出てきたときに「コレ見たことあるやんか!」って気づいた

調べたら前回見た時から3年ぐらいしか経ってないんだけど
なんですぐに分からなかったんだろう・・・・
デパスでも飲んでたのかその時・・・
謎・・・・。
スポンサーサイト



スポンサードリンク

Posted by

コメント 0

まだコメントはありません

コメント書き込み