胸毛くん

胸毛くん

OPPO R17 Neoの標準カメラアプリのエキスパートモード
Screenshot_2019-08-12-14-32-10-23;
このモードの右上にあるアイコンを押すと「超高解像度オン」になる

これを押すことにより
通常は1600万画素の解像度なのだが6400万画素の解像度で出力されるというもの


2019y08m12d_145709742.jpg


こちらが通常モードで撮った画像の詳細
解像度は4608x3456となっている


2019y08m12d_145654615.jpg


そしてこちらが超高解像度で撮った画像の詳細
解像度が9216 × 6912となっている


もちろん解像度が高ければ必ず高画質になるということはない
逆にスマホみたいな豆粒センサーで解像度を上げると画質が悪くなる
だけどメーカーがこのモードを実装しているということは
少なからず通常モードよりかは高解像度感のある写真が撮れるはずだ


なので実際に撮って比較してみた
まずはトリミングなしの画像で全体的な画質の比較をします
IMG20190809142835.jpg
こちらが通常モード
tilyouIMG20190809142844.jpg
こちらが超高解像度モード

もう一枚違う画像で
IMG20190809135931.jpg
通常モード
tilyouIMG20190809140127.jpg
超高解像度モード

一目見て違いがわかるね
通常モードは高コントラスト&シャープネスが強いクッキリな仕上がり
超高解像度モードは自然な色合いというか薄いマイルドな仕上がり


まあ画質はどうでもいい
重要なのは解像度を上げることにより
ほんとに細部までキチンと撮れるようになっているのかだ
次からはトリミングした画像で比較をしていく


IMG20190809142835 - 434
通常
tilyouIMG20190809142844 - 43
高解像

大きな差は無いが高解像度の方が看板の文字が少し見やすいが読めない


IMG20190809142835 - (2)
通常
tilyouIMG20190809142844 - (2)
高解像

クッキリしているのは通常だけど綺麗に見えるのは高解像度の方だな


IMG20190809142835 - (3)
通常
tilyouIMG20190809142844 - (3)
高解像

やはりクッキリしているのは通常だけど高解像の方が自然で綺麗に見えるね


IMG20190809135931 - 4343
通常
tilyouIMG20190809140127 - 43
高解像

通常はつり橋のワイヤーに違和感があるな高解像の方がやはり自然だ


IMG20190809135931 - (2)
通常
tilyouIMG20190809140127 - (2)
高解像

これは通常の方がいい感じ


IMG20190809135931 - (3)
通常
tilyouIMG20190809140127 - (3)
高解像

後ろのビルの看板は高解像の方がなんとなくわかる感じがする・・・


最後に常用レベルなトリミングでの比較、常用ということで加工もしています
jfddpodisr17 (1)
通常
jfddpodisr17 (2)
高解像

これを見ればトリミング前提の写真撮影なら高解像度モードが合ってるように思うね
高解像度モードの方が自然な仕上がりだと思うし普通に見比べてキレイだと思うんだよね


dfghgfdsa5453tgfd (1)
通常
dfghgfdsa5453tgfd (2)
高解像

やはりトリミング前提なら高解像度モードの方が合ってる
高解像度モードではトリミングしても解像度不足感がないんだよな
やっぱ高解像度モードはちゃんとした機能だと感じた
ちなみにスマホとかの小さい画面じゃなくてPCのモニター以上で見ないとよくわからんかも


まとめると
通常モードはAIとHDRを効かしたクッキリハッキリな加工感ある画質で細部が潰れる傾向がある
高解像モードは自然な薄口でマイルドな仕上がり、トリミングしても解像度の不足感は少ないって感じ


以上で終わり。




スポンサーサイト



スポンサードリンク

Posted by

コメント 0

まだコメントはありません

コメント書き込み