胸毛くん

胸毛くん

http://speakerlife.blog76.fc2.com/blog-entry-2003.html
この日に買ったスピーカーをレビューします
kurasikugita20190717 (1)
Philips Fidelio DC390 ドッキングスピーカー
新品時の価格は1万9800円前後、発売日は2012年1月頃
今回、中古で1300円で購入した、超美品、しかしリモコンは欠品。


スペック

消費電力 17W(待機時消費電力2W)
本体質量 約1.4kg
サイズ 263(W)×114(H)×165(D)mm
定格出力 2×5W
S N R 67dB
AUX I N 750mV 20kΩ
F M 受信周波数 76-90MHz



IMG20191012083422.jpg
傷はほぼなく超美品、買った理由は一目惚れでした
リモコンは欠品だがほとんどの操作は本体で可能
けどイコライザの変更はできない
現在の設定はおそらくフラットな状態だろう
IMG20191012083452.jpg
とにかく美しい、そしてカッコいい
IMG20191012083512.jpg
現在ではBluetooth接続が当たり前だがこの頃はドック式
IMG20191012083508.jpg
ドックは二つ付いてる
どちらも古い30ピンドックコネクタ
IMG20191012083532.jpg
後ろは電源ケーブル、バスレフポート、3.5mm プラグのAUX、そしてFMのアンテナのケーブル
IMG20191012083549.jpg
裏はプラスチックですね
IMG20191012083601.jpg
電池を入れるところがあるがこれは内蔵時計のバックアップ用なのだが
なぜか電池を入れてるのに機能しない、壊れてるのかな
IMG20191012083629.jpg
いよいよ肝心な音だが・・・
超イイゾ!

まずはこちら、録音しましたのでご覧あれ

素晴らしい音質で、とにかく耳に心地よい
すべての帯域が絶妙にチューニングされている
高音域はかなり繊細な音を出す、素晴らしい
無理に出そうとしている感じもなく
シャリシャリ感やサ行が刺さるみたいな事はない
解像度もかなり高く、素晴らしいの一言

中音域も不足感は一切なく男性、女性問わず力強いボーカルを演出する
嫌な曇りもなく、非常にクリア、めっちゃ良い

低音もこの小ささでかなり頑張っている
タイトで弾むような低音で不足感はなく密度の濃い低音をしている
出来の悪いスピーカーにありがちな無理に出そうとしている感は皆無で
5㎝のユニットから出ているとは思えないぐらい自然な低音で初視聴時は驚いた
しかし当たり前だが重低音は苦手だ、これはまあこの大きさではしょうがないだろう

音量も十分ですし、とにかく素晴らしいの一言
これが1300円で手に入った事は運が良い
ちなみに2012年と古い機種だが最新のアップル製品も使えます
DSC_1695.jpg
とりあえずこれらを用意した
ipad mini 5とipod touch 4~6だ
DSC_1693.jpg
まずはそのまま挿せて使えるtouch4、これは当たり前だが使える
DSC_1692.jpg
次はtouch5、端子はライトニングだ
そのままでは刺さらない
IMG20191012092529.jpg
なのでこの変換アダプタを使う、結果普通に認識しました
DSC_1688.jpg
touch6も普通に問題なく音楽を再生できました
DSC_1697.jpg
そして2019年発売のipad miniもちゃんと認識して再生できました
こいつができるなら最新のiPhone11でもできそうだ


次は恒例の分解だな
この素晴らしい音を出すスピーカーユニットを見る
IMG20191012083713.jpg
裏のネジ4本と
IMG20191012083829.jpg
そしてここの二つを外す
IMG20191012084908.jpg
少しコツがいるが丁寧にやれば問題ない
IMG20191012084924.jpg
とにかく急がず徐々に開けていくのがコツね
IMG20191012085043.jpg
開きました、フラットケーブルなどで天板と繋がっている
全部外すのはかなり大変で壊れそうだったので
俺は一番手前のフラットケーブルだけ外しました
IMG20191012092252.jpg
基板、ここら辺の知識はない
IMG20191012085702.jpg
とりあえず俺はユニットを見たいのだ
ネジが計4つあるので外します
IMG20191012085720.jpg
ご対面!
IMG20191012085725.jpg
なんの特徴もない普通のコーンのスピーカーですね
IMG20191012085911.jpg
取り外してみました、エッジはゴムっぽい感じ
IMG20191012085917.jpg
ダンパーです
IMG20191012085922.jpg
おそらくネオジウム磁石ですねこの小ささ
IMG20191012085932.jpg
なのでかなり軽量です
IMG20191012090538.jpg
ユニットは5㎝ですね
IMG20191012090904.jpg
5㎝という事で同じ大きさのステレオ誌付属のスキャンスピーク5㎝ユニットと比べてみました
http://speakerlife.blog76.fc2.com/blog-entry-480.html
IMG20191012090946.jpg
同じくネオジウム
IMG20191012091025.jpg
スピーカーを取り換えて見ても面白そうだが
加工しないと入らないな・・・ネジ穴の位置は同じなんだがね。
IMG20191012090004.jpg
脱線しましたが戻します
これがエンクロージャーです、素材はプラスチックで
そしてプラスチックのバスレフポートがあるだけですね
こんなのであの素晴らしい音が出るのかと感心
よっぽどチューニングを念入りにしたんだろうね
IMG20191012090103.jpg
ちょっとこの状態で音楽流してみました
やはり素の状態でも良い音出てますねこのユニット
IMG20191012090232.jpg
もう片方も外してみますか
IMG20191012090342.jpg
外しました
IMG20191012090355.jpg
エンクロージャーやユニットは同じ構造ですね
IMG20191012092401.jpg
満足したので元通りに戻します


以上で終わりです
最近は良くこれで音楽を聴いてます
かなり良いものですよ。

スポンサーサイト



スポンサードリンク

Posted by

コメント 0

まだコメントはありません

コメント書き込み