ヘッドホンって音悪いのか

2014/09/08 Mon 00:11

子供の頃は安物のスピーカーやヘッドホンで音楽を聴いていた
そのころは音が、「良い」や「悪い」などの区別があまりわかっていなかった
「これは高音質ですよ」と言われれば、「おおこれが高音質か」と思ってしまう情弱だった
最近何かと話題の「ハイレゾ」も情弱をだますためにメーカーが力を入れている
最近ニュースとかで、オーディオの「オ」の字も知らないような人にハイレゾを聞かせて
「これがハイレゾですよ」「高音質ですよ」「CDとは違うんですよ」とかやってる
そもそもオーディオに興味がない人は「高音質」と「低音質」の区別が全くできないのにわかるわけがない
しかも「ハイレゾ」は音楽を高音質にする効果は一切ない、まさに詐欺
近頃はハイレゾ対応のポータブルプレーヤーも続々発売されている、ただでさえ容量が制限されている
ポータブル機で容量だけクソ多いハイレゾを持ち歩くとか愚の骨頂
ハイレゾとMP3でさえ違いが判る人間は一人もいないのが現実なのにさ

話それたけど
年齢が上がるにつれ「音質」の事も分かるようになって徐々に機器の値段も上がっていった
最終的にヘッドホンはオーディオテクニカのATH-AD1000を愛用して良く聞いていた
買った当初は「良い音だ」と感動してたんだが
最近はヘッドホンの音を聞いても全く良い音に聞こえないようになってしまった
これが、ヘッドホンの限界なのかねえ
数十万のヘッドホン使えばいい音で音楽が聴けるのかなあ?
あまり意味なさそうだけど、ヘッドホンアンプ買えばいい音で聞けるのかあ?
だけどヘッドホンには全く興味湧かねえから買うことはねえけど

スポンサーサイト
オーディオ | コメント(1) | トラックバック(0)

スポンサードリンク

コメント
これいいよ
このヘッドフォン最高ですよ。
http://review.kakaku.com/review/20461610773/#tab

管理者のみに表示