TD307MK2Aを改造した

2014/09/14 Sun 16:38

購入して10時間程こいつの音を聞いてきたが
ほんとにストレスがたまるぐらい音が悪い
伸びない高音に耳障りな中音、ブーミーな低音
このスピーカーの音はどれ一つ褒めることができない

たぶんいろいろ原因はあるんだろうが
一つは前々から思っていたこのスピーカーの吸音材の少なさ
IMG_8375.jpg
薄い五センチ四方の吸音材が一枚だけ貼り付けられただけ
このスピーカーは忠実な音を出す設計をしているはずなのだが
音を出している時のエンクロージャーを触ってみると
かなり振動しているしプラスチック特有の鳴りがしている
いったいどういうことなのか・・・
コストの問題で吸音材をこれだけにしているのか
なにかわけがあってわざと吸音材を少なくしているのか・・・
しかしどう考えてももっと追加した方が良さそう

そこでエンクロージャーを改良をすることにした
吸音材を追加することにしました
IMG_8380.jpg
仕様した吸音材はこれです
コットンパフです
IMG_8383.jpg
一枚がこれだけなのでかなり使いやすく
小型のスピーカーの吸音材に最適です
IMG_8386.jpg
ニトムズの「はがせる両面テープ 強力接着用」を使用してエンクロージャーに貼り付けていきます
IMG_8387.jpg
敷き詰めていきます
IMG_8392.jpg
完成です
IMG_8388.jpg
もちろんこっち側にもたくさん貼りました
IMG_8391.jpg
スピーカー一つにこれだけ使用しました
もちろん音を一緒にするため使用した枚数と貼る個所は二つとも全く同じにしています

さて、改良版を聴いてみた感想・・・
おお、良くなっている、プラスチックの鳴りが減り
全音域の解像度が少し上がりました
背面のバスレフポートから出ていた中音域の暴れも少し減り、高音と低音がすこし前に出てきた感じがします
しかし少しよくなった程度でまだまだ良い音がするとは言えないなぁ・・・
スポンサーサイト
オーディオ | コメント(0) | トラックバック(0)

スポンサードリンク

コメント

管理者のみに表示