初期
中学生の頃初めてヘッドホンとかスピーカーで音楽聞くようになった頃
低レートのMP3やyoutubeでも満足してた
そもそも俺は最初MP3とCDは同じ音質だと思ってた
ビットレートの存在すら知らんかった
イコライザはもちろん高音と低音上げまくりだった

中期
高校の頃、ロスレスなどの言葉も知り、MP3は音が悪い、とネットの情報を簡単に信じてた
無駄に高音と低音を上げたりもしなくなった
CDと高レートのMP3の違いすら分からんくせにMP3(笑)とか言ったりもしてたのがこの時期 
機器も万越えの物を持つようになる


後期 オーディオに費やした金額は100万近く
現在22歳
自分でいろいろ実験したり経験したりして
スピーカーケーブルで音が変わるなどのオカルトも信じなくなり
高レートのMP3とCDの違いすら、まず分からないレベルだという結論に至り
今は基本MP3で聞くようになった
スポンサーサイト
独り言

スポンサードリンク